HOME‎ > ‎

メキシコシティ Mexico Distrito Federal

メキシコシティの特徴
  メキシコの首都。スペイン語でシウダッド・デ・メヒコ。または連邦区(D.F. デー・エフェ)ともいう。
 人口はおよそ2000万人でラテンアメリカの経済の中心。アステカ時代はテノチティトランとよばれ、
 埋め立てた湖上に現在の大都市が作られている。
  新旧の文化・建築が混合したメキシコシティは観光地としても見所が多いが、経済・交通・教育・行政・娯楽等
 すべての分野でメキシコの最先端をゆく中南米を代表する大都会である。

おすすめスポット
  中央広場であるソカロにはメキシコカトリックの総本山であるカテドラル国立宮殿テンプロ・マヨール遺跡など
 の観光スポットが集中している。
またチャプルテペック公園内にある国立人類学博物館にはメキシコ全土の考古学上貴重な出土品が展示されている。
 パリのシャンゼリゼ通りを模倣して造られたレフォルマ通りには高層ビルや街のシンボル的モニュメントが建ち並んでおり、
 繁華街で有名なソナ・ロサ地区もある。
  また、メキシコシティ近郊では世界でも有数の巨大ピラミッドが見られるテオティワカン遺跡、聖母出現の奇跡で知られる
 グアダルーペ寺院などが有名。
Comments